<< セフレツモリチサトの援助交際 | main | 家出掲示板相手 >>

スポンサーサイト

  • 2011.05.09 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


セフレ意識は援助交際

どんなに焦点を合わせようとしても、 合わせようとすればするほど焦点がずれて、ボタンが見えない。 わかった。 合わせようとするから見えないないなら、あえて外そう。 左目は左をむいて、右目は右をむいてみたら焦点が合うかもしれない。 客観的に今の私を見る人がいたらゾっとするだろうな、と思った。 でも、私はこのまま死ぬかも知れないんだから、と思っていた。 傍目を気にしてはいられなかった。 そもそも誰もいるはずがないのだけど。 そんな風に、セフレ意識は援助交際とてもはっきりしていて いろんなことをいつになく理路整然と?考えながら、 身体が動かないことと格闘して何分たったろう。 あるいは数秒ともいわれる、 覚醒前の一瞬の出来事だったかもしれない。 不意に身体が解き放たれる瞬間が訪れた。 嘘みたいに身体が軽くなったが、 変な汗とけだるさが、身体中にまとわりついていた。

スポンサーサイト

  • 2011.05.09 Monday
  • -
  • 12:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM